日本とドイツの製造業は世界トップクラスの競争力を持ち、どちらの国の製品も世界的に品質の高さで知られている。だが、良い製品を作り出すための「取り組み方」や「考え方」は日本人とドイツ人で違っているようだ。

 中国メディアの新浪は21日付で、工業製品を生み出す過程における日本人とドイツ人、そして、中国人の考え方や国民性の違いに注目し、中国人は「感覚に頼る傾向」があるのに対し、ドイツ人は「データ・・・・

続きを読む