ペンス米副大統領は19日、横須賀基地に配備されている原子力空母ロナルド・レーガン艦上で演説を行い、北朝鮮についてアジア太平洋地域における最も危険な脅威だと指摘し、米国は「力の道を選ぶ」と表現し、北朝鮮に対して強い姿勢で臨むことを強調した。

 北朝鮮のミサイル問題は日本にも大きな影響を与えているが、中国メディアの今日頭条が19日付で掲載した記事は、北朝鮮が核兵器を保有した場合における「中国・・・・

続きを読む