17日に行われたボストンマラソンで、日本の大迫傑が3位に入る快走を見せた。近年低迷が続く日本男子マラソン界にとっては朗報だが、中国のマラソン界から見ると「日本はずっと強い」という印象があるようだ。

 中国メディア・今日頭条は21日、「どうしてわれわれはマラソンで日本人にかなわないのか」とする記事を掲載した。記事は、その理由を読み解く手がかりとして「金メダル至上主義」というキーワードを示し・・・・

続きを読む