「中国のオバちゃん」は明るくて賑やかなイメージだ。近年では「広場ダンス」が世界的に話題になり、新たなイメージとして定着した感がある。トラブルがあると大声で自らの正当性を主張する、という印象を持っている人もいるかもしれない。中国メディア・今日頭条はこのほど、日本のオバちゃんが中国のオバちゃんと異なる点を紹介する記事を掲載した。

 まずは「肌や頭髪のケアを非常に大切にしている」点を挙げた。「歳を増すごとにむしろ肌が白くなっていく」と評するとともに、日本では近年美しい中高年女性を対象にした「美魔女コンテスト」が開かれていると紹介した。

 続いては「ダンスは屋内でやる」。日本のオバちゃんもダンスが好きだが、中国の「広場ダンス」のように屋外の広場で大音量の音楽を流して集団で飛んだり跳ねたりはしない、としている。この違いには、日本人の持つ奥ゆかしさを感じているかもしれない。また、「自撮り」で有名人になるなど、積極的にSNSを利用する人が少なくないこと、アダルト動画に出演する中高年女性がいること、さらにオバちゃんのアイドルグループが存在し、一定の人気を集めていることなどを挙げている。

 そして、「孫の世話は基本的にしない」点についても言及。中国では祖父母が積極的に孫の世話や教育に参加するのに対して、日本では親が責任をもって世話を行い、祖父母は口出ししないか補助的な役割を担うことについて説明している。

 オバちゃんの行動様式は、その国の国民性、生活習慣、社会環境によってそれぞれ異なるはずだ。しかし、共通して言えるのは、オバちゃんが元気な国は、社会全体が元気だということではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)zhangyu19842007/123RF)