海外旅行で他国を訪れると、街行く人びとの様子から文化の違いを肌で感じることがある。目覚ましい発展を遂げた中国だが、日本を訪れ、日本の文化を肌で直接感じる経験をしたことで、「自国に足りない点」や「自国とは違う点」を自覚する人も増えているようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で生活するまでは日本の印象は良いものではなかったとする中国人の手記として「日本を訪れて初めて、『優れた教養とは何か』を知った」と伝える記事を掲載した。

 記事は、「人の教養とは些細な日常の行動に現れる」と指摘し、手記を書いた中国人が日本で暮らすうちに、日本人は「謙虚で礼儀正しく、いつも他人がどのように感じるかを考え、相手の気分を悪くさせたり、相手に迷惑をかけないよう配慮して行動している」ことを知ったと紹介した。

 一方、日本で暮らす前、中国の大都会で暮らしていた時は「雑然とした人混みや喧騒がごく当たり前の光景」であり、バスに乗る際には人を押しのけて我先に乗り込もうとする人がいる光景も当たり前だったと紹介。それに対して日本は、朝の通勤ラッシュ時でも人びとは静かに整然としていて、雨の日であれば道行く車は減速して水しぶきが歩行者にかからないように配慮を示すと指摘し、日本と中国には些細な出来事であっても大きな違いがあることを指摘した。

 さらに、日中の暮らしのなかで見られる些細な違いを生み出す要因こそ教養であるとし、日本を訪れて初めて、「教養とは誰かに言われなくても自然と示される美しい振舞い」であることがわかったと紹介。部屋を出て行く時は、部屋に残っている人への配慮として扉を静かに閉める、図書館で電話が鳴ったら自発的に外に出る、タバコを吸うときには同席者に一声かけるなど、「相手に配慮し、相手の心を思って誠実に行動することが教養である」と伝えた。

 記事も指摘しているとおり、日本社会の暮らしには様々な配慮が存在すると言える。日本人にとっては取るに足らないことでも、中国人から見ると「美徳」であり、教養と感じられるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)