文化大革命が終わり、改革開放路線に舵を切った鄧小平が日本の新幹線に乗って大いに感銘を受けたのが1978年。それから約40年が経ち、中国も高速鉄道建設技術を身に着け、日本と海外輸出で激しく争うまでになった。中国メディア・今日頭条は18日「中国高速鉄道と日本の新幹線、どっちがより乗り心地がいいか」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:(C)Ping Han/123RF)

続きを読む