人口に占める高齢者の割合である「高齢化率」は日本が世界一だ。したがって日本は世界一の高齢者大国と呼ぶことができるだろう。2016年には、統計を取り始めて以来最低の出生数を記録し、少子高齢化問題はますます深刻さを増している。

 中国メディアの中金網は17日、日本の少子高齢化問題について考察し、日本には「記録的スピードで移民が流入している」と伝える記事を掲載した。

 記事・・・・

続きを読む