親であれば誰でも自分の子どもが「思いやりがあって、責任感のある大人」に成長してほしいと願うものだ。こうした親の願いに国境はなく、子どもへの教育はどの国の親たちにとっても関心が大きな分野だ。中国人の親たちにとっても、子どもの教育は非常に大きな関心を抱く分野であり、先進国である日本で実践されている教育は興味の対象のようだ。

 中国メディアの今日頭条が15日付で掲載した記事は、日本の小学生たちが受けている教育について中国の読者に紹介し、「日本の小学生たちの行動は立派」であり、「中国の親たちすら恥ずかしくなってしまうほど」と伝えている。

 記事は「日本の小学生たちは給食の準備や後片付けを自ら行う」と紹介し、その様子が映し出された写真をいくつか掲載した。写真には、小学校低学年と見られる子どもたちが給食を教室に運んでいる姿や、食事が終わった後の食器をまとめ、洗い場に運んでゆく姿が写されている。記事が感銘を受けたのは勉強に関する教育ではなく、「自分のことは自分でする」という自立心を教える教育のことだ。

 また写真に写っている子どもたちの表情を見てみると、どの子たちもこうした作業を「嫌々ながらではなく、積極的な態度で行っている」ことがはっきり見て取ることができる。中国では一人っ子政策が長年実施されてきたため子どもへの過保護が問題となっており、親や祖父母は「子どもが望むことなら、何でもしてあげるのが当然」という風潮がある。

 日本の小学生が給食の準備や片付けを自ら行うという光景は中国人にとっては驚きであると同時に、中国における教育の過保護ぶりを際立たせるものだったようだ。記事には、中国のネットユーザーから「中国の教育はすべて『甘やかし』であり、大人になってもわがままな人が多い」という意見が寄せられていた。こうしたコメントからも「日本の小学生たちの行動は立派」であり、「中国の親たちすら恥ずかしくなってしまうほど」という意味がよく伝わってくる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)