日本を代表する巨大な古墳として多くの人が思いつくのが「仁徳天皇陵」かもしれない。しかし、今の教育現場では仁徳天皇陵ではなく大仙陵古墳と呼ばれている。子どもの頃に教わった常識が今や常識ではなくなるというのは、よくあることだ。(イメージ写真提供:(C)efired/123RF) 

続きを読む