日本の自動車市場では時代やニーズを反映して売れ筋が移り変わるものだが、それは中国でも同様だ。中国では過去においてはセダンが圧倒的な人気だったものの、近年はセダンに加え、SUVの人気が高まっている。

 中国人は車を買うにあたって、「その車に乗っていてメンツが立つかどうか」も重視する。誰もが知るブランドで車体が大きく、外見が立派な車ほど「乗っていた時に社会的地位も高そうに見える」として、人気となる傾向がある。そのため、軽自動車は中国ではまったくと言って良いほど人気がない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国と日本の自動車市場では人気の車種が大きく異なることを伝え、「日本人がなぜ軽自動車を好むのか」を考察する記事を掲載した。

 記事は、中国ではまったくと言って良いほど人気がない軽自動車が日本で広い支持を得ている理由について、「軽自動車に対する優遇政策」があるためだと指摘。軽自動車の規格を定め、規格に適合した車に対する減税や保険料の優遇が得られるというメリットゆえに、軽自動車は日本の一般消費者に対して大きな魅力を持つようになったと論じた。

 また、日本の路上を走行する自動車の3分の1を超す軽自動車は、自動車メーカーにとって格好の市場として競争がなされているゆえに軽自動車の形状も豊富であると指摘。軽自動車の規格の範囲内でほぼ全てのタイプをカバーしているゆえに細かな需要に応えられることも、日本で軽自動車が支持を得ている理由だと主張した。

 軽自動車は車体こそ小さいが、各メーカーが室内空間を最大限に広くする工夫や、座席シートをフラットにして空間を自由にできる実用的な設計を取り入れている。広大な国土を誇りとする中国人にすれば、日本で軽自動車が人気があるのは国土の狭さと資源の少なさからコンパクトで燃費の良い自動車が必要という結論が最もしっくりくるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Maksim Toome/123RF.COM)