中国都市部には大型ショッピングモールやデパートが数多く存在する。しかし、中国の商業施設はどこも同じような店がテナントとして入り、差別化もほとんど行われていないためか、平日の昼間に買い物している人は決して多くはない。

 もともと中国人の多くは買い物が好きだが、ネットワークインフラが発達したことで、実店舗ではなくインターネットで買い物をする中国人消費者が増えている。中国ではオンラインショップに実店舗が駆逐されていると言われるが、日本では商業施設がネット通販と共存できていることが中国人にとっては新鮮なようだ。

 中国メディアの今日頭条は14日、「日本の商業施設にはなぜこんなに多くの客が訪れるのか」と疑問を投げかけつつ、「日本と中国の商業施設の差」について考察している。

 記事は、日本の大手百貨店を例に取り上げ、「日本の百貨店の営業目標は顧客の欲求を満足させることではなく、顧客の欲求を刺激すること」と紹介。この目標の先に売り上げがあるのであり、売り上げそのものを追求していないと指摘した。

 さらに、あらゆる顧客を満足させるためのレイアウト、魅力的な食品売り場、ゆったりくつろげる休憩スペースなどを紹介し、ネット通販では味わえない顧客体験を提供していることが「ネット通販に駆逐されない理由」であると論じた。

 最後に記事は、日本の百貨店は「新たなあり方」を模索し、それを構築することに成功したとし、「現在の中国には日本と比較できるような百貨店は存在しない」と指摘した。

 中国の百貨店や商業施設はどこも似たような作りで、商品をただ並べているだけという店も多い。客が集まらなければ、良い商品であっても売ることはできないものだ。ネット通販では味わえない顧客体験を提供し、いかに客に足を運んでもらうかは、百貨店に限らず、中国の多くの店舗で考慮する必要のある問題であることは確かだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)