「ゆとり教育」とは、「無理のない学習環境で子どもたちが自ら学び、考える力の育成を目指した教育」と定義されている。暗記中心の知識詰め込み教育や過度の受験戦争がいじめや不登校、少年非行を誘発しているという批判を受け、偏差値重視の教育を廃止し、ゆとりのある教育に転換、生きる力を育成する趣旨のもと実施された。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む