スマートフォンの普及によって、下を向いて歩く人が増えた。中国では「低頭族」と呼ばれ、歩行者信号を見落とすことによる交通事故が後を絶たないようだ。そんな中、広東省深セン市では「低頭族」向けの画期的な信号機が出現し、注目を集めている。今日頭条が15日に伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む