12日に行われたACLチャンピオンズリーグで、広州恒大は川崎フロンターレとアウェイで対戦して0-0の引き分けに終わり、対日本勢戦で6試合連続勝ち星なしとなった。中国メディア・捜狐は13日、韓国メディアから広州に対する揶揄が飛び出したことを伝えた。

 記事は「かつてアジアで一世風靡した広州は今、かつての統治力を失った。試合の内容はすでに陳腐なものとなり、中国代表やビッグな助っ人を数多く揃えながら、スコラーリ監督が選手を生かしきれていない。サッカーファンからすれば、広州の試合の鑑賞性は徐々に低下しつつある」と評した。

 そして韓国メディアが「広州のプレーを見ると、中国スーパーリーグはすでに衰退期に入った。金満サッカーは急速にリーグのレベルを高めたが、基盤がない中国サッカーにとってはかえって悪影響となった。成熟度やアジアサッカーへの貢献を考えれば、韓国リーグがアジア一のリーグだ」と論じたことを伝えている。

 この韓国メディアによると「リーグの良しあしについての評価は、外国人の選手やコーチで比べられるものではなく、本国選手が助っ人や外国人監督にリードされてどれだけ成長したかで測るもの」とのこと。近年、韓国人選手は続々と欧州の5大リーグで主力として活躍しているが、中国ではオランダリーグで時々出場するレベルで嬉々としており、この点からも両国の差は明らかだとしている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)