駅弁といえば「ご当地」色の強い弁当であると同時に、近年は百貨店などの催し物の目玉となるほど多くの人に愛されている日本文化の1つと言えるだろう。中国では新幹線と中国高速鉄道は何かと比較されることが多いのだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の駅弁を紹介する記事を掲載し、「中国の駅弁は日本に完敗」であると伝えている。

 記事は、日本の駅弁の歴史を紹介し、どのようにして各地に根付く特色のある駅弁が生まれたかを紹介している。最初はごま塩おにぎりとたくあんという質素な形で始まった駅弁が、鉄道の普及と発展によって進化を遂げ、徐々に地方の食材が使われ、各地の郷土料理が味わえるよう工夫が凝らされるようになったことを紹介。ご当地色が強まると同時に、その土地ならではの料理を気軽に味わえる存在となり、百貨店が駅弁フェアを催せば多くの日本人が駅弁を目当てに殺到すると伝えた。

 こうした日本の駅弁の特色は、すでに高速鉄道が国土全体に普及した中国にとっては新しい視点のビジネスチャンスに映るのかもしれない。中国の鉄道でも弁当の車内販売はあるものの、「ここでしか買えない」といった特別感は全くない。クオリティの低い弁当が車内ゆえに高く売られているのが現状だ。

 日本と中国の駅弁にこうした差がある原因について記事は、「日本人は食のバランスを重視しているため」であるとし、豊富な食材が弁当に盛り込まれ、さらには日本人はおいしさにもこだわるため、品質保持期限が普通は購入日の当日中であると紹介した。

 記事は日本の駅弁の写真を掲載しているが、いろいろな種類のおかずが少しずつ彩り豊かに盛り付けられていることや、箱の形にもこだわった駅弁があることがすぐに見て取れる。食に対する関心が高い中国人にとっては、この写真だけでも魅力的に映るであろう。

 記事は新幹線の普及によって「目的地にすぐ着いてしまうゆえ、駅弁業界も打撃を受けた」としながらも、今では駅以外でも駅弁フェアを行い、その魅力によって集客力を持つようになった駅弁は「日本の特色ある食文化になっている」とした。

 ちなみに記事は、中国の駅弁の写真も載せているが、日本の駅弁とは到底比較できないクオリティだ。仮に日本国内で中国の駅弁を販売しても、おそらく全く売れないであろう。記事は、中国高速鉄道の駅弁は昔と比べて種類が増えたとしながらも、今度は「質を上げるべき」だと主張。その理由は「中国高速鉄道はすでに新幹線の走行速度を越えているのだから、サービスも上回っていなくてはならない」ためだという。(編集担当:村山健二) (イメージ写真提供:(C)Xie Fei/123RF.COM)