日本自動販売機工業会によれば、2015年末における日本の自販機及び自動サービス機の普及台数は500万1700台に達しており、計算上は人口25人に1台の割合で自販機が存在するということになる。また、自販機及び自動サービス機の15年の年間売上金額は4兆8811億8320万円に達し、自販機を中心とした経済は非常に大きいことが分かる。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む