日本を代表する空の玄関口、羽田空港の美しい環境を守り続けてきた「カリスマ清掃員」が、育ちの地である中国に凱旋して清掃の心得を伝授した。中国メディア・今日頭条が11日に報じた。

 記事は、四川省成都市で11日に行われた「民用航空サービスサミット」で、「世界で注目を集めた羽田空港の『掃除の女王』、新津春子さんがインタビューを受けた」と紹介。17歳で来日するまで中国で生活していた新津さんが「流・・・・

続きを読む