日本でも市場規模が年々拡大している「シェアリングエコノミー」。これは個人が所有している資産の貸出を仲介するサービスで、簡単に言えばインターネットなどを介して資産を共有する経済活動を意味する。シェアリングエコノミーは2008年に民泊の仲介サービスを始めた米国のAirbnbから始まったとされている。その後、部屋以外の様々なモノを個人間で貸し借りする仲介サービスが登場した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む