夕方の時間になると、中国の小学校の正門前には子どもを迎えに来た親や祖父母でいっぱいになる。そして、親や祖父母が子どもの荷物を持ち、子どもたちは手ぶらで帰路につく。これが中国の日常風景であり、子どもたちだけで集団登校や集団下校することは都市部ではもうほとんど見られなくなった。

 中国メディアの今日頭条は3日、日本の子どもたちが親の付き添いなしで登下校する様子が映し出された写真を掲載しつつ、・・・・

続きを読む