中国メディア・今日頭条は20日、「日本人の頭にある中国とはどういうものか」とする記事を掲載した。記事は、一般的な印象から、中国在住者などさまざまな日本人から見た中国人観について紹介している。

 まず、一般的な印象については「空気の汚染が激しい」、「本当にお金を持っていて、買い物っぷりが激しい」、「中国の食品は安全性に問題がありすぎる」という3点を挙げた。また、日本人男性の観点として「中国の女性は結婚するのに家を要求してくるので中国の男性はかわいそう」、「中国の不動産価格が高すぎる」、「中国では女性もみんな仕事をする。育児との両立が大変だ」としている。

 さらに、中国を旅行したことのある日本人は「中国人はみんなわれわれを恨んでいるかと思ったが、親切な人が多かった」、「中国は大きい。各地にそれぞれ異なる特色がある」、「こんなに治安がいいとは思わなかった」という印象を抱き、中国居住者は「中国経済の潜在力はとても大きい」、「スモッグに耐えられないので、何年かしたら帰りたい」と思うとした。

 そして最後に日本人の有識者は中国に対して「中国は確かに多くの社会問題を抱えているが、経済の潜在力はやはり大きい」、「日本の経済発展のためには、やはり中国人とのかかわりが欠かせない」、「政治は政治家の問題。経済や自分の事業により注目する」といった考え方を持っていると説明した。

 様々な立場によって、日本人の中国に対する印象が微妙に異なるというのは自然な事である。特に、行った事のある人とない人ではそのイメージが大きく異なる。相手のことをよく理解するには、やはり一度行ってみるべきだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)feiyuwzhangjie/123RF)