日本では家で飼うペットについて、様々なルールがある。マンションなどの集合住宅では、エレベーターや廊下などの共用部分ではペットを抱きかかえることをルールとしていることが多い。また、犬を散歩させる時にはリードを付けて歩かせることなども一般的なルールとされている。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、日本人はペットとして犬を飼う人が多いことを紹介し、「日本人の真面目な性格」が現れているため、犬たちは非常に清潔で綺麗だと伝える一方、「日本で犬を散歩させている人たちはペットたちが道でおしっこや糞をしたら、しっかりと掃除している」と驚きを示す記事を掲載した。

 記事は、日本在住とみられる中国人の見解として、「日本では犬をペットとして飼う人が非常に多い」と紹介し、大きな公園などではペットを散歩させる人の姿は決して珍しいものではないと指摘。だが、中国人から見て、不可解な光景の1つはペットを散歩させる日本人が水の入ったペットボトルを持ち歩いていることだとし、当初は「日本にはコンビニエンスストアや自動販売機も多く、喉が渇いたらすぐに飲み物を買えるのに、なぜ犬を散歩させる人は誰もがペットボトルを持ち歩いているのか」と疑問に思ったことを紹介した。

 その後、犬がおしっこをした後に飼い主が「悪臭が残らないよう」水をかけて掃除している姿を見て、この疑問が解けたと伝え、「日本にはペットとして飼われている犬が多いのに、どうりで道路で糞尿を見かけないわけだ」と指摘。犬がフンやおしっこをするたびに飼い主が掃除していたとは思いもよらなかったとし、「日本では犬の飼い主1人ひとりがしっかりと掃除することで、街の清潔さを保っていたのだ」と驚きを示した。

 また、日本ではペットの糞尿に限らず、日本人は自分のゴミは自分で処理するのがルールであることを指摘し、中国のようにゴミをポイ捨てする人は非常に少ないことを伝え、誰もがルールを自発的に守ることができる日本人とは「驚嘆すると同時に、恐るべき民族である」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)