今や日本国内に中国製品があふれていることは紛れもない事実。その多くは「値段が安くて品質もそれなり」という印象だが、近ごろは異常にコストパフォーマンスの高い中国製品が存在感を示し始めてきた。中国メディア・今日頭条は17日、中国製品が日本を含む世界を席巻すると同時に、日本人が中国製品を愛し始めてすらいるとする記事を掲載した。

 記事は「中国製品が、精緻さで知られる日本を含む全世界を占領しつつあるのは、誇らしいことだ。日本は土地や資源が非常に限られているため本土で製造されるものは少ない。それゆえ基本的に中国などで作られた製品が用いられているのだ」と紹介した。

 さらに、日本国内の著名ネット掲示板では「どうして最近の日本製は中国製より品質が悪いのか。日本のスマートフォンは絶望的だ」といったスレッドが立ち、「中国製を甘く見てはいけない」、「海外で認められる日本ブランドはもう自動車や電子機器しか残っていない」、「日本の老舗ブランドにはもはや創造力がなく、若い人にソッポを向かれてしまっている」といった見方を示す人が多くなっていると伝えた。

 そのうえで、「製造業がとても素晴らしい日本ですら、全世界のメーカーを客観的な態度で見るようになりつつある。かつて中国に対して敵対視、あるいは軽視していた日本国民も、わが国の製品に対して賞賛している。われわれは中国製品が一歩一歩国際市場に向かって歩み始める状況を経験できて、本当に幸せなのだ」と論じている。

 中国の製造業が完全に日本の製造業に追いつき、追い越したということではない。しかし、中国の製造業は着実に力をつけつつあることは素直に認めるべきだろう。「ひどいもの」が出てくる可能性はまだまだ高いが、一方で「すごいもの」を作り出してくる可能性も少しずつ高まっているのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)