日本を訪れたことのない中国人であっても、日本は清潔であるというイメージを持っている。中国国内のメディアが日本の清潔さや、日本人のきれい好きについて伝えていることがその大きな理由の1つだが、中国メディアの今日頭条は13日、世界で日本よりも清潔な国家はないと論じる記事を掲載した。

 最初に記事は、「清潔さの点で世界には日本に比肩し得る国はない」とし、日本の潔癖さは敬服せざるを得ないと称賛した。

 さらに日本の清潔さの具体的な点として、新鮮でさわやかな空気、嫌な臭いがしないトイレ、上品なファッション、ゴミ1つ落ちていない道路、明るく清潔なコンビニエンスストア、また公共の乗り物もとても清潔であるなどの点を指摘し、「それゆえに日本は世界で最も清潔な国と称されるのだ」と論じた。

 また日本社会の清潔さは日本国民のきれい好きと関係があると説明し、日本人は清潔さを愛するゆえに毎日入浴する習慣があると紹介。そのため日本では入浴剤など多くのバス用品が販売されていると紹介した。さらに日本の街で汚れたワイシャツを着ている人を見かけることはとても少ないと説明し、日本人のファッションは人に清潔でよく整えられているという印象を与えると称賛した。

 中国では、日本の清潔さをよく表す事例として空港のトイレが取り上げられることが多い。確かに日本の空港のトイレは非常に清潔で、悪臭もないが、空港は多くの国籍の人が使用する場所であり、日本の玄関口として日本のイメージを左右する非常に重要な場所だ。日本に降り立ったばかりの中国人が空港のトイレの清潔さや利便性に感動し、それが温水洗浄便座の爆買いに寄与したという見方もできるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)