中国国内でも寿司を提供する店は存在するが、中国国内で寿司を食べたことのない中国人は多い。また、回転寿司店も日本のように数多く存在するわけではないため、回転寿司という仕組み自体を知らない中国人は決して少なくないのが現状だ。

 中国メディアの今日頭条は16日、日本を観光で訪れ、回転寿司を初めて体験したという中国人の手記を掲載。日本で食べた寿司の美味しさを評価すると同時に、回転寿司の便利さに驚いたことを伝えている。

 記事は、回転寿司の仕組みについて、「まるで寿司が工場の生産ラインを流れるように、客の前まで運ばれてくる」と表現。美味しそうな寿司が目の前を流れていく様子を生産ラインに喩えつつも、「流れている寿司は勝手に取ってはいけない」と紹介。前もって注文した寿司が自分のテーブルまでベルトコンベアで運ばれてくる仕組みの回転寿司であることを紹介した。

 続けて、日本の回転寿司は目の前を美味しそうな寿司がたくさん流れていくと紹介し、「見ていて楽しい」と評価。さらに、日本人は「本当に魚が好きな民族だ」と紹介しつつも、中国人と大きく異なるのは「日本人が魚を生で食べること」だと指摘。「生魚のほうが栄養が豊富らしい」と伝えつつ、「日本の寿司のような美味しさを実現するには鮮度が重要」であることを伝えた。

 また記事は、中国人が訪れた回転寿司店は「チェーン展開している店であり、多くの日本人客が訪れていた」が、店内は静かで走り回る客や騒ぐ客はいなかったと紹介。さらに、無駄に注文しすぎたうえで大量に残すような客もおらず、中国国内のレストランとは店内の環境があまりに違いすぎると伝え、「規律ある社会と、無駄を嫌う日本人の性格は中国人にとって学ぶべき対象」であると紹介している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)