中国では長年にわたって一人っ子政策が実施されてきたため、子どもは1人だけという家庭がほとんどだ。中国の一人っ子は両親と祖父母の愛情を独り占めして育ったため、何でもしてもらって当然と考えがちで、こうした子どもたちは「小皇帝」や「小皇后」と呼ばれていた。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む