「強い米国」の復活を掲げるトランプ氏は米中貿易改革も公約の一つであり、選挙期間中には「中国製品の輸入関税を45%にする」と極論を展開し、「中国は米国民が飢え死にすることを望んでいる」と発言するほどの敵意をむき出しにしていた。(写真は、北京オリンピック当時のスローガン。日本経営管理教育協会が提供) 

続きを読む