昨今、日本のスポーツ界では「レジェンド」という言葉がよく用いられる。40歳を過ぎても第一線で活躍するスキージャンプの葛西紀明選手、50歳まで現役を続けた元プロ野球選手の山本昌氏などがその代表だ。そして、もう1人忘れてはならないのが、12日に「50歳ゴール」を決めたばかりのサッカーの三浦知良選手だ。

 中国メディア・捜狐は12日、「日本のサッカーはいつも敬服される。中国のサッカーは殴るか罵・・・・

続きを読む