日本では数多くの中国人が生活している。留学生や仕事など、目的は様々ではあるが、このような中国人たちの目に日本はどのような国に映っているのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で暮らす中国人による手記を掲載し、中国人が見た日本の姿について紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本と中国の大きな違いは「街が清潔であること」、「大気がきれいであること」だと伝えつつ、日本社会は治安が良く、安全であり、中国で誤解されがちな「日本人」も実際は「とても温和な人びと」であると伝えた。確かに中国では抗日ドラマなどの影響により、「日本人は野蛮で暴力的」と誤解している人は少なからず存在するが、実際に日本人と接した感想として、こうしたイメージは「誤解である」ことを伝えた。

 続けて、日本は「雑音」が少ない国であることを紹介。中国であれば、早朝から太極拳をしている人が見られるが、日本の早朝に聞こえてくる音で特徴的なのは革靴で歩く音だと紹介。騒がしくおしゃべりをする人も見られず、「どれだけ慌ただしく歩いていても、どれだけ長い列に並んでも、日本では大声で騒ぐ人もいなければ、列に割り込む人もいない」と紹介した。

 また記事は、「神は細部に宿る」という言葉があるが、日本人はまさにあらゆることに対して「細部まで徹底的なこだわりを見せる」と伝え、このようなこだわりは日本社会のあらゆる場所に存在すると紹介。何事に対しても「まあまあ、大体で良い」と考える中国人と日本人の大きな違いは「細部へのこだわり」であることを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)