内閣府が8日に発表した2016年10-12月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動の影響を除いた実質成長率が前期比0.3%増となり、このペースが1年続くと仮定した年率換算は1.2%増となった。これは、年率1.0%だった速報値から0.2%上方修正されたことになる。プラス成長は4四半期連続であり、日本経済は回復傾向にあると言える。

 しかし、中国メディアの黄金網は8日、日本経済は回復して・・・・

続きを読む