2015年における日本の交通事故死亡者数は4117人であったのに対し、中国の14年における交通事故死亡者数は20万人以上に達した。中国の人口は日本の約10倍であることを考慮しても、中国の交通事故死亡者数が日本に比べて圧倒的に多いことがよく分かる。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国では毎日数多くの交通事故が発生し、多くの人が死亡していることを伝える一方、「なぜ日本はこれほど交通事故・・・・

続きを読む