国際結婚は現代において特に珍しいものではなくなった。中国では日本人女性と結婚したいと願う男性は少なくないが、実際に日本人女性と結婚できる中国人男性はそう多くはない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、なぜ日本人女性は中国人男性と結婚したがらないのかと疑問を投げかけ、その理由について考察する記事を掲載した。

 記事は日本で行われた一部調査を引用し、アンケート対象となった在日中国人男性の73%が日本人女性との結婚を希望しており、また在中日本人女性のうち、中国人男性との結婚を希望している人の割合は37%にとどまったと紹介。しかし、「実際に中国人男性と結婚する日本人女性はとても少ない」と指摘した。

 この指摘が事実であるとすれば、日本人女性が中国人男性との結婚に魅力を感じない理由が存在するはずだが、この点について記事はまず「中国人男性はおしゃれでない」と説明。中国人男性のファッション・センスは一辺倒であり、「日本人男性と比べてものすごく大きな差がある」と指摘した。

 また、「中国人男性はユーモア感覚がない」という点にも言及し、中国人男性たちは「ずっしりと重い」生活の圧力の中で暮らしているため、相手の女性を喜ばせるような恋愛ができないと説明した。

 そして、「中国人男性には礼儀と品格が欠けている」という点も取り上げ、痰を吐く、列に割り込む、言葉遣いが荒いなどの良くない習慣がとても多いと指摘し、こうした習慣は日本人女性に敬遠されるだけでなく、中国人女性の反感さえ買っていると論じた。

 自分が大切にする道徳感覚を相手も大切にしているなら、それは結婚に結びつく基礎的な理由の1つとなり得る。他人の迷惑となる行為を極力避けたり、相手の感じ方により細やかな配慮を払おうとする日本文化のなかで育った日本人女性にとって、すべてではないとしても中国人男性が持つある種の習慣は敬遠の対象となるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)