1989年12月29日は日経平均株価が3万8579円という最高値をつけた日として知られている。その後、日本は「失われた20年」とも呼ばれる経済低迷期に突入することになった。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む