日本のサッカー・Jリーグが開幕したのに続き、中国でも今年のスーパーリーグの戦いがスタートした。しかし、開幕第1節で最も注目を集めたカードは、ファウル53回、イエローカード13枚、レッドカード2枚に「疑惑の判定」が盛りだくさんという最低の試合になってしまったようだ。中国メディア・今日頭条が5日伝えた。

 「最低の試合」になったのは、5日に行われた広州恒大と北京国安の一戦だ。記事曰くリーグ6・・・・

続きを読む