日本を初めて訪れた中国人の多くが、日本の清潔さに驚くという。日本人からすればごく当たり前の環境であっても、中国人から見れば日本の清潔さは驚愕の水準のようで、日本を訪れたことのない中国人でも「日本は清潔な国」ということは知っているという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本を旅行や出張で訪れた中国人は誰もが、帰国後に日本の清潔さを称賛する」と伝えつつ、「日本は世界でもっとも清潔な国の1つであることに疑いの余地はない」と論じた。

 記事は、訪日経験のない中国人は「日本がどれだけ清潔か」を具体的には知らないとしながらも、「日本が清潔であることは知っている」と指摘。澄んだ空気にゴミが落ちていない道路、掃除の行き届いたコンビニエンスストアなどは「日本のドラマにしばしば登場する光景であり、多くの中国人が知っている日本の姿」であるとし、実際の日本はドラマの光景と同じように非常に清潔であると論じた。

 続けて、日本が清潔なのは日本人の素養や民度と大きな関係があるとし、日本人は個人の空間のみならず、公衆衛生も重視していると指摘。多くの日本人は食べ歩きをしないため、道路に食べかすやゴミが落ちないと論じた。

 また、日本は米国や中国に次ぐ自動車大国でありながら、大気汚染は発生していないと紹介し、これは日本の公共交通機関が発達していることが大きな要因であると指摘。特に都市部においてはバスや電車、地下鉄を利用すれば容易に移動することができるため、中国のような深刻な大気汚染が発生しないのだと主張した。

 また記事は、日本人が公衆道徳を重視するのは、幼少のころからの教育の賜物であると主張。ゴミが至る所に落ちていることがごく当たり前の中国にとって、日本に清潔さをもたらしてる教育は学ぶに値するものであると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)