世界初の高速鉄道である東海道新幹線が開業したのは1964年のことだった。当時の日本は高度経済成長の真っ只中であり、東海道新幹線の開業とアジアで初の開催となった東京五輪は戦後の復興のシンボルとなった。

 1960年代当時の中国は1958年から始まった大躍進政策の失敗によって経済は疲弊しており、さらには文化大革命によって政治は大きく混乱するなど、深刻な低迷期にあったと言える。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の1960年代から70年代にかけて日本国内で撮影された数々の写真を紹介し、日本は中国が貧困に喘いでいた60-70年代にはすでに非常に豊かな国になっていたと・・・・

続きを読む