中国メディア・今日頭条は1日、「自動車から見える日本式の細やかさ これらは確かに日本に学ぶべき」とする記事を掲載した。記事は、日本の道路を走る様々な自動車を観察していると分かる「人に優しい」機能や設備、サービスについて紹介している。

 最初に挙げたのは「バスが乗降車時にちょっと傾く」点だ。「日本は典型的な高齢化社会であり、お年寄りが日常的な外出をしやすくするため、路線バスには傾斜機能がついている。停車時、バスは10度ほど傾いて、乗り降りしやすくなっているのだ」と説明した。

 日本の路線バスでは近年、バスの乗降口に段差がない「ノンステップバス」の導入が進んでいる。記・・・・

続きを読む