中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は28日、日本経済はバブル崩壊によって「失われた20年」に突入したが、今なお経済成長を取り戻せておらず、「失われた30年」を迎えることになる可能性があると伝える一方で、この「失われた20年」という言葉は必ずしも日本の真実の姿を映し出しているわけではないと論じている。

 記事は、日本経済は確かに成長率が落ち込み、財政状況も悪化、デフレの長期化・・・・

続きを読む