雪と氷の祭典、2017冬季アジア札幌大会が閉幕した。日本のメダル数は金が27個、銀が21個、銅が26個の計74個で過去最多となったが、競技結果のみならず、運営面でも大成功だったようだ。中国メディアの騰訊網は27日、今大会から学べる点について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む