2月初旬、福島第一原子力発電所2号機の格納容器内に極めて高い放射線量の場所があることが明らかになった。この情報が中国人観光客の日本訪問に多少なりとも影響を与えており、花見シーズンの日本観光を再検討するケースも出ているようだ。中国メディア・第一財経は26日、「日本人の眼中の福島事件 現時点ではインフルエンザ予防に関心」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む