中国メディア・今日頭条は26日、「これらの国産車は国外にパトカーとして売られているのに、まだ日本車を買うなんて恥ずかしいと思わないのか」とする記事を掲載した。

 記事は、現在の中国国産市場は大きく発展しており、中国国内での販売数も良好であると紹介。さらに国外での売れ行きも良いとする一方で「それなのに、まだ多くの人が自分の国産車をけなし、国産車はダメだと頭ごなしに否定するうえ、日本車を買いに行きすらする」と指摘。「これを見れば、国産車がどれだけ優秀か分かるはずだ」とし、世界各国で導入されている中国産車パトカーの写真を紹介した。

 そして、「国産車は良好な品質と合理的な価格ですでに世界で花を開かせている。韓国は団結した民族であり、外国製品に対する抵抗は強烈だが、中国ブランドであるBYDの自動車をパトカーにしている。このことから、国産車の質がしっかりしていることが伺える」としている。

 また、ロシアでも中国産の自動車が喜ばれているほか、中東諸国においても奇瑞のパトカーが日常的に見受けられると説明。「安全で信頼性があるゆえ世界各国で歓迎されているのである。日系の自動車と比べて、ちっとも劣っているとは思わない。みんなもっと国産車に注目し、応援して欲しい」と訴えた。

 日本との差についてはさまざまな観点があり一概には言えないが、中国が自動車生産分野においても着実に実力をつけていることは間違いないだろう。他国でパトカーとして導入されても、やはり自国で愛されるようにならなければ、中国の自動車業界の成功とは言えないのである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)