異国の地にやって来て、その習慣や文化に適応するというのは簡単な話ではない。ましてや、現地で仕事をするとなればなおのことだろう。中国メディア・今日頭条は25日、「日本の工場で働く中国の女性、給料は高いが融け込むのは難しい」とする記事を掲載した。

 記事は「日本の賃金が中国よりも高いため、多くの女性が労務輸出で日本の工場にやって来て働いている」と紹介。しかし、異国の地での暮らしには決して楽なものではなく、多くの給料をもらうために歯を食いしばっていると伝えた。毎日仕事が終わると疲れ切ってしまい、余暇の時間に観光しに行くことも少ないと説明している。

 また、一部の宿舎では条件が決して良くなく、複数の従業員が1つの部屋に住む、浴室も共用であるとしたほか、「他人にと一緒に住むのが嫌な女性は自分で部屋を借りることになるが、やはり条件は悪く、自分のプライバシー空間ができる程度だ」と説明している。そして、日本料理も中国の女性には食べなれないゆえ、適応するには長い時間が必要だとした。

 記事は、近年しばしば日本国内の外国人技能実習生の過酷な労働環境が伝えられることを背景としてのもののようだが、中国ネットユーザーの反応は記事に対して少々批判的だ。「中国での労働が日本よりいいというのか」、「中国では、生きていけるかどうかすらが問題になる」、「同じ苦労なのに(中国とは)リターンが全然違う」など、中国での出稼ぎ労働のほうが就労条件も報酬も悪いケースが多いと指摘する声が多く見られた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)