日本の一部の学校では、教育の一環として家畜を育て、最終的に肉として食べるという授業があるようだ。命の大切さと食べ物への感謝を教えると同時に、われわれは他の命によって生かされているということを子どもたちに教える授業のようだ。一見すると価値のある教育だが、子どもたちにとっては残酷なのではないかという意見もあるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む