中国ではかつて日本メーカーの製品を所有することが「羨望の対象」だった時代がある。例えば、1978年の改革開放直後の中国はまだ貧しく、当時の中国人消費者にとっては日本製品は高嶺の花だったものの、松下電器産業(現パナソニック)やソニーなどの製品は憧れの対象だったという。

 中国メディアの今日頭条は21日、中国人消費者がかつて「恋い焦がれた」日本メーカーの製品は今、中国市場で見かけなくなってい・・・・

続きを読む