警察庁によれば、2016年における日本の交通事故死者数は前年比5.2%減の3904人だった。4000人を下回ったのは67年ぶりのことだ。中国メディアの東方頭条はこのほど、日本の路上には「秩序がある」と伝え、日本の交通事故死者数や人口あたりの交通事故死者数の割合が少ない背景について考察する記事を掲載した。

 記事は、日本の路上に「秩序がある」のは、それなりの工夫やルールがあるためであるとし・・・・

続きを読む