日本を旅行で訪れる中国人が増加を続けている。訪日前からアニメや漫画などを通じて日本に対して親近感を抱いていた中国人もいれば、歴史問題などを理由に反日感情を抱きつつも訪日する中国人もいる。

 だが、中国のネット上では「日本を訪れたことで反日感情が消散した」という書き込みが存在するのは事実だ。中国では連日のように抗日ドラマが放送されているうえ、日本について「軍国主義が復活しつつある」などといった報道が多く見られるが、日本を訪れ、真実の日本や日本人の姿を自分の目で見たことで、日本に対する印象が一変したという事例は決して少なくない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れたことのある中国人を対象に、「訪日前と訪日後で考え方が変わったかどうか」について論じる記事を掲載し、中国人ネットユーザーたちが議論を行っている。

 記事には、日本を訪れたことのある中国人ネットユーザーから、さまざまなコメントが寄せられているが、そのなかには「訪日前は日本に対して卑屈になってはならないと考えていたが、実際に訪れてみると発展水準や社会の安定ぶりに『中国人はもっと努力しなければならない』と強く思うようになった」という意見や、「もともと日本に対して悪い感情は抱いていなかったが、訪日して日本には学ぶべき点が数多くあることが分かった」というコメントが多く寄せられていた。

 「日本に学ぶべき」という意見は特に多く見られた。このような主張に対しては、中国ネット上で愛国青年などから批判の声があがるのが常だが、それでも「日本を理解し、日本に学ぶことは中国の歴史を否定することにはならない」とし、「むしろ日本を凌駕するためにも、中国は日本のように『絶えず学び、絶えず向上させる』必要があることを実感した」という意見が多かった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)