中国の高速鉄道網は総延長で世界一となったが、地下鉄といった「高速鉄道以外」の鉄道インフラはまだ整備の途中と言える。日本はすでに主要都市において地下鉄や従来線の整備がほぼ完了しているため、中国人からすると日本の鉄道インフラは非常に完備されているように見えるようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で各種鉄道を利用したという中国人による手記を掲載し、初めて日本を訪れた中国人にとって「日本の複雑な鉄道路線図に驚く」と伝える一方、日本の鉄道サービスの質は非常に高いと伝えている。

 記事は、日本はどれだけ巨大な駅であっても、あるいはどれだけ小規模な駅であっても構内にある案内標識は非常に分かりやすく、設置する場所もよく考えられていたと称賛。案内標識には分かりやすい「色」が使われ、指し示す方向も明確であり、曲がり角や階段、出入り口など「方向感覚を失いがちな場所では、より大きな文字だったり、より目立つ場所に設置してあった」と伝えた。

 続けて、日本で新幹線に乗車したことを紹介しつつ、「新幹線でもっとも印象深かったのは、駅のホームに停車する車両番号が記されていたうえ、すべての車両にも車両番号が分かりやすく明示したあったこと」だと紹介。これによって乗客は自分の座席があるのと違う車両に乗り込む間違いを回避できると伝え、「乗客のことを考えた設計である」と称賛した。

 また記事は、日本国内を鉄道で移動していた際、「ジャパン・レール・パス」を紛失してしまったことに気づいたと紹介。ジャパン・レール・パスとはJRグループ各社が発行している外国人旅行者が乗り降り自由で利用できる乗車券だが、この中国人は「JRの路線ではない鉄道」を利用している際にジャパン・レール・パスを紛失したことに気づいたという。

 この中国人がJRではない鉄道会社側にジャパン・レール・パスを紛失したことを伝えたところ、親切にもJRの駅と連絡を取ってくれたうえに、JRの駅側は中国人が紛失したジャパン・レール・パスを発見し、中国人に返してくれたと紹介。この間わずか30分ほどだったと伝え、「こんなにスムーズに落とし物が見つかるとは思わなかった」と驚きつつ、「日本以外の国ではこのような対応は期待できないはず」と称賛。日本の鉄道会社のサービスの質と効率には敬服されたと伝え、日本人の民度と日本社会の文明レベルが見て取れたと伝えている。(編集担当:村山健二) (イメージ写真提供:(C)Sakarin Sawasdinaka/123RF.COM)