中国の自動車市場で2016年に好調な販売を記録した日系車。売れるということには必ずその理由があるものだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日系車の長所について説明し、日系車が売れる理由を考察している。

 記事はまず、日系車の長所の本質は「燃費の良さ」や「実用性」にあると説明し、特に燃費の良さは日系メーカーが内燃機関の燃焼効率の向上を始めとした新技術への投資が大きいことから生じたものだと指摘した。

 また実用性については「長持ちする」ことや「修理にかかる費用が安い」こととして具現化していると指摘し、だからこそ中国の消費者に評価され、売れるのであると伝えた。

 さらに、日系車は「人性化」の点で優れていると称賛。中国語の人性化という単語には基本的に「人に優しい」、「使用する人の立場で考えられた」という意味があるが、記事は日系車の車内空間は大きく、快適であり、コントロールパネルのボタンの「押しやすさ」といった点で「人性化」であると称賛した。

 中国の自動車市場は世界最大の規模であり、日系車の16年における販売台数はすでに日本国内の販売台数とほぼ同程度になった。中国市場は日本の自動車メーカーにとって極めて重要な市場だが、中国の消費者が日系車の「燃費の良さ」や「実用性」、「人性化」を支持、評価していることが好調な販売として現れたと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)