タイとマレーシアの両政府は両国の首都を結ぶ総延長約1500キロメートルの高速鉄道建設について協議を始めるという。また、2026年開業予定のクアラルンプール-シンガポール間の高速鉄道計画も進行中であり、東南アジアの高速鉄道市場を巡る日本と中国の受注競争は今後、より激しさを増すことになりそうだ。

 中国メディアの中国頭条はこのほど、日本と中国による東南アジアでの「高速鉄道争奪戦」に関する記事・・・・

続きを読む