日本ではごく当たり前のことであっても、中国では物珍しいということは決して少なくはない。もちろん、その逆も然りなのだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、ごく一般的な日本人の暮らしのなかで、中国と違う点について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本国内で撮影された写真を掲載しつつ、日本と中国の違いについて伝えている。まず、「先進国である日本の都市部では生活のリズムが早く、多くの人が仕事に追われている」と伝えつつも、日本人男性は仕事終わりに同僚や友人と飲みに行くことが多いと紹介した。中国では仕事が終わったらまっすぐ帰宅する人が少なくないため、中国人からすると「日本人は退勤後に居酒屋で飲んでいる」というイメージが強いようだ。

 また、日本の学生がおしゃれな制服を着用していることも、中国人からすると物珍しく映るらしい。中国の中学校では日本のような制服は採用されておらず、男子生徒も女子生徒も同じデザインのジャージが制服と指定されていることが多い。中国人学生の間では「醜いジャージで青春が台無し」だと不満の声が根強く存在するが、日本の学生が着用する制服は物珍しいと同時に羨望の対象であろう。

 さらに記事は、日本では「日本人の伝統衣装である和服を着用した女性を見かける機会が多いこと」を紹介し、中国とは大きな違いだと指摘。中国の人口の大半を占める漢民族の伝統衣装は漢服だが、現代で漢服をプライベートで着用している人はほとんどいないためだ。満州族の民族衣装であるチャイナドレスはレストランなどで店員が着用しているケースはあるものの、こちらも街中で着用している人を見かけることはまずない。

 そのほか、日本人のビジネスマンは常にスーツを着用していると伝え、これも中国人からすると珍しい光景だと主張。中国ではホワイトカラーとされる職でも私服で勤務することが多いため、日本のビジネス街で男性たちが一様にスーツにネクタイという格好であることは中国人にとっては異様な光景に映るようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)