日本にはリサイクルショップや質屋など、中古品を扱う店が数多く存在するほか、インターネット上でも中古品の売買は活発に行われている。一方、中国ではあまり中古品の売買は活発ではないのが現状であり、中国人からすれば中古品を嫌がらない日本人が不思議に見えるようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国では中古品といえば「汚い」、「ボロボロ」といったイメージがあり、中古品を購入することを嫌がる人が多いことを伝える一方、日本にはブランド品や本や車、家具など、さまざまな分野において巨大な中古品市場が存在する理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、日本の中古品市場は「世界でも有数の規模」であると同時に品数や種類も非常に豊富で、良い物を安く購入できるお得な市場であると主張。日本では高級ブランドのバッグなどを所有していた場合、新しいバッグが欲しくなったら古いバッグを売って購入することができるため、中古市場は消費者にとってはありがたい存在だ。

 さらに、日本の中古品は中国で一般的に中古品とされるものと「状態に圧倒的な差」があると伝え、中国の中古品のように「汚い」、「ボロボロ」ということはないと指摘。もともと状態が良いうえに、店舗で販売される前にはメンテナンスがなされるため、良い物を安く買えるのが日本の中古品市場だと紹介、「もはやこれは単なる消費形態ではなく、文化である」と論じた。

 日本を訪れた中国人旅行客たちのなかには中古ブランドショップで買い物をする人も少なくない。また、一部のブランドショップは中国でも高い知名度を誇り、中古品の大規模なセールには多くの中国人が大量に詰めかけることもある。中国では中古品の状態があまりに悪いためか、中古品に対してあまり良いイメージがないようだが、それでも日本の中古品ならば本物であるうえに状態も良いため、安心して購入できるということなのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)